ヒアルロン酸 目薬

ヒアルロン酸 目薬とは

よく目が疲れる眼精疲労には、目を温めると油層が多く分泌されるので、目を温かいタオルで覆ったりする方法が一般とされていますが、ヒアルロン酸 目薬をすることでも、違和感や乾燥が緩和されると言われています。

実は、ヒアルロン酸そのものが、眼の硝子体に多く含まれています。

硝子体には、ヒアルロン酸を主とするムコ多糖が水和した溶液に浮かんでいて、緩衝作用や眼圧維持の働きをしています。

ヒアルロン酸 目薬をすることによって、硝子体の保湿力を高め、目の乾燥を防ぎます。

ドライアイやコンタクトレンズの違和感などの緩和に利用されています。

通常、眼科での処方をされますが、ヒアルロン酸 目薬といったら、ヒアレインですね。この目薬は、病院で処方してもらわないと入手できません。

が、市販の目薬にもヒアルロン酸配合の目薬はあります。あくまでも配合で、その目薬には他にも防腐剤等の成分が含まれていて、ヒアレインに比べ効果は劣りますね。

ヒアルロン酸とは・・・1

最近よく、ヒアルロン酸、ヒアルロン酸と言いますが、そのヒアルロン酸とは、非常に保水量の多いムコ多糖類の一種のことで、細胞と細胞の間を埋めている組織のことです。

それは、目の硝子体とかへその緒、関節液、皮膚、助膜液、血清など、人間の体内に存在するゼリー状の成分で、肌の角質層、基底層、真皮層の構造の中で一番大切な真皮層に多く含まれています。

このヒアルロン酸の保水力は非常に高く、1gで6リットルもの水分を保つというすごい力が備わっています。そのため、細胞外液の水分調整や間接の潤滑剤、血液中の水分量を増やすなどの働きがあります。

ヒアルロン酸とは・・・2

またヒアルロン酸は、肌の弾力性を維持し、細胞を修復する働きをすると言われ、コラーゲンに栄養を与える働きもしています。

赤ちゃんの肌が、みずみずしくプリプリなのは、ヒアルロン酸をたくさん含んでいるからです。

皮膚の直ぐ下の真皮にたくさんヒアルロン酸が含まれていると水分が十分に保たれ、皮膚の表面まで潤ってきます。ヒアルロン酸が少ないと、肌の張りがなくなり、表面も乾燥してきます。

しかしながら、ヒアルロン酸は加齢とともに減少し、ヒアルロン酸の量を0〜20歳までを100%とした場合、30歳までは70%、50歳までは40%、60歳までには約25%にまで減ってしまうと言われています。

ヒアルロン酸が減ると、水分維持が出来なくなり、肌のシワが深くなったり、シワ、たるみが目立ちはじめます。

コラーゲンやビタミンCだけを補給しても、ヒアルロン酸が不足していては肌の保湿やハリは回復しないのです。ですからヒアルロン酸は、美肌には欠かせない保湿成分なのです。

ヒアルロン酸の効果 ( ヒアルロン酸 効能 )

ヒアルロン酸は、身体のどの部分にあっても保水性を保ち、医療にもよく使われています。

目薬には、ヒアルロン酸 目薬としてコンドロイチン硫酸が使われます。関節炎の激痛にも関節痛 ヒアルロン酸として注入されます。

また、やけどの薬にも使われていて、細胞を活性化させ、組織修復作用があり、傷を早く治してくれる効果があります。

ヒアルロン酸は、乾燥肌、目の疲労、疲労回復、生理痛の解消、冷え性改善、老化防止、関節痛、更年期障害、ドロドロ血、細胞組織修復作用、貧血、湿疹アトピー肌の改善、糖尿病、性的減退などに効果的です。

このヒアルロン酸と協力して身体に有効に働くのが、ビタミンCとビタミンEです。

ビタミンCは抵抗力やコラーゲンの生成にも必要です。またビタミンEは過酸化脂質を解毒し、血行をよくするため、ヒアルロン酸を身体の隅々まで運んでくれます。

スポンサードサーチ

「ヒアルロン酸 目薬/ニュース」